かぎ針編みで幅広のヘアバンド レースの髪飾りの本の編み図から

簡単に編めるかぎ針編みのカチューム作りが楽しかったので今度は幅広のヘアバンドを編んでみました。

参考にした本は前回同様「レースの髪かざり」の47、”おしゃれでシックなヘアバンド”です。

ダイヤの模様が並んだヘアバンド。

本体の編み方以外の基本的な作り方は前回編んだシンプルなカチュームと同じです。

1日で編めるカンタンかぎ針! レースの髪かざり 本

Amazon:1日で編めるカンタンかぎ針! レースの髪かざり

楽天:1日で編めるカンタンかぎ針!レースの髪かざり

この本はカチューム、ヘアバンド、カチューシャだけで15の編み図が掲載されています。

シュシュやヘアゴム、ヘアピンにバレッタ、コームなどの編み図も豊富なのでヘアアクセサリーを編みたい方におすすめです。

金具やゴムへの止め付け方も写真で解説があるので初心者でも安心です。

レースの髪かざりというタイトルの本ですが、エミーグランデなどのレース糸だけでなくコットンやリネンなど細い色々な糸が使われています。

ヘアバンド 手作り かぎ針編み 幅広

このカチュームで使用した毛糸はコットン100%の白の糸で4~6号のかぎ針の太さです。

指定はリッチモア スピンゴールドを14gです。

使った毛糸の方が太いので編み図では6模様のところ4模様にして調整しました。

本当はもっときつく編んで模様を詰めるようですが、撚りが甘いコットン糸は余り細いかぎ針で編めず、4号のかぎ針で編んでいます。

ゴムは前回と同じように金具の付いたヘアゴムを2つ繋げてゴム通しに挟んでいます。

ヘアバンド 手作り かぎ針編み1段の長さは長編みなので模様編みでも意外と早く編むことが出来ました。

毛糸は太い上にかぎ針も大きかったので、本の写真より少し隙間のある夏らしい雰囲気に。

秋冬らしい色の毛糸で編めば、これからのシーズンも使うことが出来そうです。

前回の細めのカチュームの毛糸でも編んでみようと思います。

このくらいの太さがあれば耳も入れて家での防寒にも役立ちそうです。

同じ本のシンプルなカチュームと並べてみました。

カチューム ハンドメイド かぎ針編みヘアバンド 手作り かぎ針編み

シンプルなカチュームの3倍くらいの太さです。

髪がまとまりやすいのでヘアバンドとして洗顔時にも使えそう。

洗えるウォッシュコットンで編んでもいいかもしれません。

反省点は本体はもう少し短くしてゴムを長くしたほうがよかったです。

幅広のバンドは耳の後ろまで来ると邪魔ですね。

次は3模様にしてゴム通しを長くして調整したいと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ