くるみボタンの作り方 手作りキットで簡単 ダイソーやセリア100均で

ダイソーでくるみボタンの手作りキットが販売されていたので、前回ブックバンドを作って便利だったから買ってみました。

手作りのくるみボタンは好きな柄・デザインで作れるのでオリジナルのボタンが簡単に作れます。

くるみボタンを作るためのパーツやパーツと布を組み合わせるための打具、打具台がセットになったキットは、

ダイソーやセリアなどの100円ショップで売られています。

あとは布を用意するだけ。

この布も100均で買えるので200円から始められる手軽なハンドメイドです。

ダイソー くるみボタン 手作り キット

くるみボタン 手作りキット 布

買ったのはダイソーのくるみボタン製作キット(大)で22mmのくるみボタンを15個作れます。

クリーニングや水洗いもOKだそうです。

布もダイソーでチェックのはぎれ、赤を調達。

あと用意した道具ははさみとチャコペンです。

くるみボタン 手作り キット 材料

くるみボタン 手作り キット 作り方

同封されている型紙にあわせて布にチャコペンで型を書き切り抜きます。

右の写真はチャコペンを使わず型紙にあわせてざっくり切りましたがこれでも大丈夫です。

くるみボタン 手作り 作り方

くるみボタン ハンドメイド 作り方

布の表を下にして打具台の上に乗せます。

その上からお椀型のパーツを乗せて手で押し込みます。

押し込むとはみ出た布が立つのでお椀の中に入れるように畳んで詰め込みます。

上に鍋蓋のようなパーツを乗せます。

くるみボタン 手作り 作り方

手作り くるみボタン

打具を乗せて力をかけて押し込みます。

最後に乗せたパーツがお椀の中にしっかりはまれば完成です。

line24

使用する布はデニムやコーデュロイなどの暑い生地だとくるむことが出来ない可能性があるそうです。

柄はくるみボタンの大きさに収まるものを選びましょう。

例えば22mmのサイズのくるみボタンに30mm幅のボーダーの生地を使ってもボーダーにはなりません。

イラストなどは切る位置を調整して収まる位置にセットして作ります。

使い道はまだブックバンドを作っただけですが、ヘアゴムやヘアピン、缶バッジなどを作る方が多いようです。

また何か使い方が浮かんだら記事にしたいと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ