ハロウィンのパーティーに持っていく簡単な手作りのお菓子入れの袋

ハロウィンまであと一週間。

今週末がパーティーという方もいるのではないでしょうか。

頼まれたので簡単なお菓子入れの袋を手作りしました。

新しい生地を通販している余裕もないので、100円均一で購入した「手ぬぐい」で作った簡単な「あずま袋」です。

2箇所縫うだけ、手縫いでもミシンでも作れるので、お菓子を貰いにいく人もあげる人も便利ですよ。

以前にも作ったことがあります。

作り方の詳細は以下の記事を参考にしてください。

>>裁縫の練習に可愛い手ぬぐいで簡単なあずま袋を作ってみた【作り方】

ハロウィン 手ぬぐい 生地 布手ぬぐいは100円ショップの「レモン」で購入しました。

見かけた覚えがあったので行ってみたらまだ数枚残っていましたよ。

紫もありましたが、オレンジベースの明るい色を選択。

ジャックオランタンやお化け、ネコ、くもなどハロウィンらしいモチーフがたくさん使われた手ぬぐいです。

パーティーのテーブルクロスやランチョンマットなど色々使えそう。

セリアやダイソーでは見たことがありません。

あずま袋の作り方はこんな感じです。(図をクリックすると拡大します。)

手ぬぐい あずま袋 作り方

詳細は以下の記事で解説しています。

>>裁縫の練習に可愛い手ぬぐいで簡単なあずま袋を作ってみた【作り方】

赤の線と青の線を縫うだけなので本当に簡単で、手ぬぐいを切らずにそのまま使います。

ハロウィン お菓子入れ 袋 簡単 手作り完成品がこちら。

中にはかなりの量が入ります。

用意したお菓子を持って帰ってもらったり、ハロウィンパーティーに持ち寄るときに使ったり、貰ったお菓子を持って帰ったり。

かばんに一つ忍ばせておけば役立つこともあるはず!なあずま袋です。

普通の布でも作れます。

30*90など縦の約3倍の長さの幅の布を用意して端を処理して使ってください。

ハロウィン お菓子入れ 袋 簡単 手作り仮装に合わせたバッグがない!というときにもすぐに作れます。

私もこれで5つ目くらいのあずま袋です。

費用は100円(税込み108円)と家にあった糸、道具は針と糸切りバサミだけです。

アイロンかけると綺麗です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ