かぎ針編みで手作りの毛糸の座布団 本の編み図でマーガレットの円座2

すっかりお気に入りのハンドメイドのマーガレットの円座。

かぎ針編みでアクリル毛糸を編んだ毛糸の座布団です。

前回はブティック社の「毛糸で編むかわいいおざぶ 円座と角座」という本の編み図で編みました。

>>かぎ針編みで毛糸の座布団 本を見てマーガレットの円座 無料編み図も

今回はリトルバード社の「手編みであったか毛糸のざぶとん」という本の編み図で。


Amazon:手編みであったか毛糸のざぶとん なか見!検索あり
楽天:手編みであったか毛糸のざぶとん [ リトルバード ]

2011年に発行された本です。

花のモチーフつなぎの座布団やクッションをくるむ棒針編みの座布団なども載っています。

ほぼカラーなので複数の色を使う編み図でも色を替えるところがわかりやすいのがお気に入り。

マーガレットの円座今回のマーガレットの円座はアクリル毛糸を2色。

中心と縁編みで1玉、花びらで4玉(3.2玉くらい)で計5玉使います。

花びらは1玉でここまで編めました。2枚目の最終段で終わったため4玉目を少しだけ使っています。

この編み図も指定の毛糸は極太のハマナカボニーなので、パンドラハウスの極太のアクリル毛糸で編みました。

かぎ針は7号。

マーガレットの円座この本の編み図は中心が3段で大きめ。

なのでなのか前回のように-10cmという事態には陥らず、縁編みを前に-1cmで完成。

座布団の作り方は基本的に同じものを2枚編んで厚みを出します。

なので同じものをもう一枚。

こちらもほぼ同じサイズで編むことが出来ました。

色々なブログを見ても出来上がりが小さいと言っている方が多いのでおすすめの編み図です。

マーガレットの円座 縁編み縁編みは本体の隙間を埋めるように2枚あわせながら編んでいきます。

周囲は細編みですが、花びらのふちはくさり編みと引き抜き編みで裏面はこんな感じになります。

マーガレット 円座 裏側

一周飾り編みの縁編みをして「マーガレットの円座」完成です。

マーガレット 円座

会社の防寒用なので地味な色で編みました。

1つめは意外と派手に完成したので家用に。

木の椅子に置くなら茶に映える明るい色を使うといいかもしれませんね。

冬に向けてマーガレットの円座、量産したいと思います。

おそらく毛糸で作る座布団のなかで一番人気のマーガレットの円座。

編み方は長編みが基本なので初心者でも簡単でしたよー。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ