夏らしい手作りシュシュ かぎ針編みでハンドメイドの簡単編みシュシュ

かぎ針編みでシュシュの夏Ver.を手作りしました。

シュシュを編むのは三回目ですが、一番のお気に入りです。

特に編み図は参考にせず、簡単に本体を長編みで作り、ふちを細編みとくさり編みで飾りました。

編み図もアップしたので参考にしてみてください。

セリア 毛糸 マリーナブークレー
使った毛糸は100円ショップ「セリア」の毛糸です。

エンジェルコットンとマリーナブークレーという水色のプクプクした毛糸です。

本体を白のエンジェルコットンで、ふちを水色のマリーナブークレーで編んでいます。

中のゴムも10個100円のリング状になったヘアゴムを使っています。

かぎ針は4/0号です。

編みシュシュ 編み方
編み方は前回のシュシュ同様で長編み2段です。

1段目はヘアゴムをくるみながら入るだけの長編みを編みます。

2段目は1段目の長編み1目に2目の長編みを入れます。

前回のシュシュよりも毛糸が太いのですぐに2段編み終わりました。

簡単です。

手作りシュシュ 編み目
3段目は色を変えてふちを飾ります。

細編み、くさり編み3目、細編みを繰り返します。

2段目の長編み2目に対して1模様で編みましたが、目を数えていないので3:1にするなどして調整しています。

フリル状になればわからないので気にしなくても大丈夫です。

糸始末をして完成です。

手作り編みシュシュ 夏
編み終わりは縦の編み目にそって糸始末しておくと、伸び縮みしても糸が出てくることがないそうです。

前回同様セリアの100円糸で編みましたが、こちらのコットン糸の方が太いので、よりフリフリのシュシュになりました。

さわやかなマリンカラーのシュシュで夏にぴったり!とお気に入りです。

中のゴムを黒ではなく紺にすれば良かったと少し反省。

編みシュシュ 巻いた状態

巻いた状態はこちら。

もう少しフリフリの部分もあったのですがうまく撮れませんでした。

本体を編んだ毛糸は半分以上、ふちを編んだ毛糸も3/4以上余っているのでこれであと1~2個は編めそうです。

次はダイソーでレース糸を買ってきたので、そのレース糸でシュシュを編みたいと思います。

100均毛糸シュシュでした。

編み図を作ってみました 2014.08.29
簡単 シュシュ 編み図
簡単にですが編み図を作ってみました。

編み図作成用のソフトなどを使ったわけではないのでガタガタですが参考にしてみてください。

特に目を数えずにゴムに合わせて入るだけの長編みを入れればボリューム感のあるフリフリのシュシュになります。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ